ずちなし【術無し】 形容詞(ク活用)

意味

① どうにもしようがない・なすすべがない

② つらい・せつない

ポイント

「すべなし」という形容詞の「すべ」には、漢語の「術」をあてていました。

そのまま音読すると「ずち」「ずつ」「じゅつ」となるので、「ずちなし」「ずつなし」「じゅつなしという言い方が発生したようです。

人物名なんかも、たとえば「定家(さだいえ)」なのに、「定家(ていか)」って言ったりするよね。

当時は、男たちにとっては「漢文」が素養の中心でしたから、「音読み」のほうが言いやすかったのかもしれませんね。

あるいは、「俺は男だから……音読みを使うぜ!」ってかっこつけていたのかもしれませんね。

この「ずちなし」も、男性の会話文でしか発見できません。

ああ~。

なんか、「男社会だけの読み方だぜ……」みたいな意識があったのかもしれないな。

「ずちなし」とひらがなで書かれると、なんだかわからなくなってしまうのですが、「ずち」の漢字は「術」だということを思い出せれば、意味はわかると思います。

基本的には「なすすべがない」ということですが、そのどうしようもない事態に対する、「つらい」「せつない」というマイナスの心情を意味していることもあります。

例文

「妹のあり所申せ、申せ」と責めらるるに、ずちなし。(枕草子)

(訳)「いも【清少納言】の居場所を申し上げよ、申し上げよ」と(斉信ただのぶに)責められるので、(則光のりみつは)どうにもしようがない

則光はこのあとワカメをほうばりました。

あまり明かうなりしかば、「葛城の神、いまぞずちなき」とて、逃げおはしにしを、(枕草子)

(訳)ひどく明るくなったので、「葛城の神(である私は)、もうなすすべがない」といって、逃げていらっしゃったので、

「葛城の神」は、「醜い容貌を恥じて、暗い間しか働かない神様」です。

「明るくなったから帰りたい自分」を、「葛城の神」にたとえているのですね。

にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ