ことばの単位 ― 文節と単語 ―

文法の勉強の最初の一歩として、「ことばの単位」について学習しましょう。

やってやるぜ。

どんとこい!

単語 < 文節 < 文

日本語文法では、ことばの最小単位を「単語」といいます。

単語と単語が結びついて「文節」になり、文節と文節が結びついて「文」になります。

「文」が3つ4つ集合して、ひとまとまりになると「段落」になります。その「段落」がさらに複数集合すると、「文章」という最大単位になります。

  単語 < 文節 < 文 < 段落 < 文章
(小さい)              (大きい)


ということですね。

にんじん

それは「単語」ですね。

ことばの最小単位です。

走りけり

それは「文節」です。

「走る」という単語と「けり」という単語でできています。

雪、降りぬ。

それは「文」です。

何がーどうだ。
主語  述語


という関係ができていて、最後が句点(。)で結ばれているものは「文」ですね。

「主語」「述語」ということばについては、「文の成分」の回で学習します。

そのときに詳しく見ていきますが、主語が書かれていない場合もあります。

文節と単語

「文節」と「単語」の違いがちょっとよくわからないな。

よく言われるのは、「~ネ、~ネ、~ヨ」といったことばを入れることができるところが、文節の区切りだという考え方です。

竹取の翁といふ者ありけり。

であれば、

竹取の / 翁と / いふ / 者 / ありけり。

という具合に、「ネ」を入れて区切ることができます。これが文節の切れ目になります。

ただ、現代語と違い、古文の場合だと、主語の文節に助詞がないことも多く、そうすると「ネ」を入れづらいんですよね。

はあー、テレビもねえ! ラジオもねえ!

新聞ねえ! 雑誌もねえ! たまに来るのは回覧板!

それは吉幾三さんの名曲『おら東京さ行くだ』の歌詞ですね。話がややこしくなるので無視します。

文節は自立語ではじまる

・・・さて、「文節」というのは、多くの場合、「それだけで意味がわかる単語」と「それだけでは意味がわからない単語」で構成されます。

今は昔、比叡の山に児ありけり。

「文節」で区切ると、

今は / 昔、 / 比叡の  山に  児  ありけり。


となります。


ひとつひとつの文節をさらに区切ると、

今  は / 昔、 / 比叡  の  山  に  児  あり  けり。


となります。これが「単語」の区切りです。最小単位の区切り方ですね。


「今」はそれだけで意味がわかりますね。このように、単独で意味がわかる単語を「自立語」といいます。

一方、「は」はそれだけでは意味がわかりません。このように、単独では意味がわからない単語を「付属語」といいます。

文節の最初は、全部「自立語」なんだね。

そうです。

「文節」の先頭は必ず自立語になります。

くわしくはこちらをどうぞ。

複合語

でも、学校で「文節に分ける」っていう作業をしたときに、

すでにし出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。

は、

すでに / し出だしたる / さまにて、 / ひしめき合ひたり。

だったんだけど、最後の文節なんかは、「ひしめく」と「合ふ」は別々の自立語であって、別々の文節なんじゃないの?

ああ〜。

「ひしめく」と「合ふ」は、別のことばだよね。

「名詞+名詞」とか、「動詞+動詞」のように、「そのまま連結しているもの」は、「まとめて一つ」の扱いになります。

たとえば、「蔵人頭」は、「蔵人」という役職に、長という意味の「頭」がついていますから、本来別々の語ですけれども、「まとめて一つ」の名詞扱いです。「征夷大将軍」なども「まとめて一つ」の名詞扱いです。

「動詞」でいえば、「飛び立つ」とか、「出で来」とか、動詞同士が直接つながっているものは、「複合動詞」と考えて「まとめて一つ」とみなしましょう。

現代語でもたくさんありますよね?

現代語か……

動き出す
飛び跳ねる
食べ始める
言い終わる

書き出す
落ち込む
言いよどむ
暮れなずむ

そうですね。そういうことばはまとめてひとつの扱いです。

走り出せ

走り出せ

明日をむかーえに行こうー。

君だけの音を聞かせてよ。全部感じてるよ。

何かが始まったぞ。

止めないで

止めないで

まあ止めませんけど。

今をうごかーす気持ちー。

どんなに小さなつぼみでも

一つだけの

ハピネス

最後の誰?

 

********** 

 

********** 

☆文法事項
減点されない古文