まどろまれ給はず。(増鏡)

〈問〉次の傍線部を現代語訳せよ。

院も我が御方にかへりて、うちやすませ給へれど、まどろまれ給はず。ありつる御面影、心にかかりて覚え給ふぞいとわりなき。「さしはへて聞こえむも、人聞きよろしかるまじ。いかがはせん」と思し乱る。御はらからと言へど、年月よそにて生ひ立ち給へれば、うとうとしく習ひ給へるままに慎ましき御思ひも薄くやありけん、なほひたぶるにいぶせくてやみなむは、あかず口惜しと思す。けしからぬ御本性なりや。なにがしの大納言の娘、御身近く召し使ふ人、かの斎宮にも、さるべきゆかりありて睦ましく参りなるるを召し寄せて、「なれなれしきまでは思ひ寄らず。ただ少しけ近き程にて、思ふ心の片端を聞こえむ。かく折よき事もいと難かるべし」とせちにまめだちてのたまへば、いかがたばかりけむ、夢うつつともなく近付き聞こえ給へれば、いと心憂しと思せど、あえかに消え惑ひなどはし給はず。

増鏡

現代語訳

院もご自身の部屋に帰って、お休みになるが、浅くお眠りになることもできない。先ほどの(斎宮の)御面影が、心に引っかかって、ふとお思いになるのは仕方がないことだ。「わざわざ申し上げるようなことも、人聞きがよくないだろう。どうしようか」と思い乱れなさる。(斎宮とは)御兄妹と言っても、(長い)年月離れたところでてお育ちになったので、疎遠になりきっていらっしゃるので、(妹への恋心を)慎むお気持も薄かったのだろうか、ただひたすらに思いも遂げられず終わるのは、不満で残念だとお思いになる。よくない(院の)ご性格であるよ。某大納言の娘で、ご近くに召し使う人【女房】が、あの斎宮にも、ふさわしい縁があって親しく参上し慣れている者をお呼びになって、「(斎宮と)慣れ親しんだ(深い仲になろう)とまでは思い寄らない。ただ少し近い所で、(私の)心の片端を申し上げよう。こういうよい機会(を得ること)もたいそう難しいだろう」とひたむきに本気になっておっしゃるので、(その女房は)どのように計画したのだろうか、(院は)夢とも現実ともわからず(斎宮に)近づき申し上げなさったので、(斎宮は)たいそうつらいとお思いになったが、弱々しく消えてしまうほど【死んでしまうほど】あわてまどうということはなさらない。

ポイント

まどろむ 動詞

「まどろま」は、マ行四段活用動詞「まどろむ」の「未然形」です。

助動詞「る」の直前なので、「未然形」になっています。

意味は「うとうとする」「浅く眠る」ということです。

る 助動詞

「れ」は、助動詞「る」の「連用形」です。

動詞「給ふ」の直前にあるので、「連用形」になっています。

「る」は

受身 ~される
自発 (ふと・自然と)~
尊敬 お~になる・~なさる
可能 ~できる
  *下に打消などを伴い、文としては「~できない」と訳す

などの意味になります。

さて、「可能」の意味の場合、「ず」などを伴い、結果的には「できない」と訳す用例がほとんどです。

また、「ず」を伴っている「る」「らる」は、「可能」の意味で用いられている可能性が高いです。

そのため、「ず」を伴っている「る」「らる」は、ひとまず「可能」の意味でとって、「~できない」と訳してみましょう。その訳がおかしくなければ、そのまま「可能」と決定して問題ありません。

ここでも、「浅くお眠りになることもできない」と訳すことができるので、「可能」の意味で取るのがよいです。

+α 「尊敬語」や「謙譲語」の直前の「る」「らる」は「尊敬」の意味ではない。

~れ給ふ ~られ給ふ
~れ申す ~られ申す

というように、「尊敬語」「謙譲語」の直前についている「る」「らる」は、「尊敬」の意味にはなりません。

ということは、「笑はれたまはず」なんていうときの「れ」は、「尊敬」の意味ではないから、「自発」か「受身」か「可能」になるということだな。

そうです。

そして、「ず」がついている場合の「る」「らる」は、「可能」の意味で取ることが多いので、まずは「可能」で訳してみることをおすすめします。

給ふ 動詞(尊敬語)

「給は」は、ハ行四段動詞「給ふ」の「未然形」です。

直後に「ず」があるので、「未然形」になっています。

四段活用の「給ふ」は「尊敬語」です。他の動詞のあとに補助的についている場合は、「お~になる」「~なさる」と訳しましょう。

ず 助動詞

「ず」は「打消」の助動詞です。ここでは「終止形」です。