わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ (元良親王)

わびぬれば いまはたおなじ なにはなる みをつくしても あはむとぞおもふ

和歌 (百人一首20)

わびぬれば 今はた同じ 難波なにはなる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

元良親王 『後撰和歌集』

歌意

(二人の仲が知られてしまい)悩み苦しんでしまったので、今となっては(何があっても)もう同じことだ。難波にある澪標みおつくしではないが、身を尽くしても【わが身が果てても】逢おうと思う。

作者

作者は「元良もとよし親王」です。お父さんは陽成天皇です。

『大和物語』や『今昔物語集』に風流人としての逸話が残っています。また『徒然草』には、「元日の奏賀の声、甚だ殊勝にして、大極殿より鳥羽の作道まで聞えけるよし」とありますので、よく通る美しい声の持ち主だったようですね。

そりゃあモテそうだね。

この歌は、『後撰和歌集』の「詞書」に、「事出て来てのちに、京極御息所につかはしける」とあります。

「事出て来て」というのは、「京極御息所」とひそかに逢引きしていたことがばれてしまったということです。それにもかかわらず「京極御息所」に歌を詠んで送ったのですね。

なんと!

「京極御息所」は、「藤原時平」の娘である「褒子ほうし」のことで、彼女は宇多天皇の后です。

そればかりか、「元良親王」のおばあさん(藤原高子)のお兄さん(藤原基経)の息子(藤原時平)の娘が「褒子」ですから、二人は藤原家の親戚筋になります。

その二人の密会が「事出て来て」となれば、わりと多くの人が天皇に怒られる状態になりかねないですね。

そりゃあ、周囲は何が何でも二人を引き離すよね。

ポイント

わびぬれば

動詞「わぶ」+助動詞「ぬ」+接続助詞「ば」です。

「わぶ」は「気落ちする・悩む・嘆く」という意味です。

「ば」は「ぬ」の已然形「ぬれ」についていますので、確定条件として訳します。

「(二人の仲が露見してしまい)悩み苦しんでしまったので」という訳になりますね。

今はた同じ (二句切れ)

「はた」は副詞です。

「また」「やはり」などと訳します。

ここでは、「今さら(どうなっても)また同じことだ」と解釈できます。

「苦しいのは結局同じだ」と言っているのですね。

難波なる

「難波」は、現在の大阪市周辺です。

「なる」は、「存在」の助動詞「なり」の連体形です。

「難波にある澪標」という意味になります。

みをつくしても

「みをつくし」は、「澪標みおつくし」と「身を尽くし」の「掛詞」です。

「澪標」というのは、船の航行の目印に立てられた杭のことです。

「澪」とは、水深がやや深く、航行可能なところとされます。大阪の湾は、河口からの土砂の堆積によって航行できない場所が多いので、「座礁の可能性がある場所」と「澪」との境界に「澪標」を並べて設置して、航路を示しました。

難波潟の「澪標」はシンボル的な存在だったので、いまでも大阪市の市章は「澪標」のマークです。

ああ~。

なんか棒の先に逆三角形があるみたいなマークだよね。

ええ。

逆三角形が突き抜けたようなマークですね。

その「澪標」と「身を尽くし」が掛けられているわけですが、「尽くす」は「出し尽くす」「出しきる」ということから、「終わりにする」という意味があります。

ここでも、「自分の生命を出し切って終わりにしたとしても」という意味合いで使用されています。

逢はむとぞ思ふ

「む」は「意志」の助動詞です。

係助詞「ぞ」がありますので、結びの「思ふ」は「連体形」になっています。

「みんなにどうせバレちゃった今となっては、苦しいのは同じだから、澪標ってわけじゃないけど、身を尽くしても(命が終わりになるとしても)会いたい!」って歌なんだな。

なんか、ちょっと開き直ってる感じの歌だね。

うん・・・、けっこう、開き直っているよね・・・。

まあ、関係者からすると、いい加減にしろってところでしょうね。

 

********** 

 

********** 

〇和歌
減点されない古文